About the Natural organic acid

天然有機酸のこと

8千年の時を経て 天然有機酸は、特定の地域で採掘された泥炭から、化学薬品を使用せずに長期間をかけて自然抽出した水溶液です。
8千年以上の時を経て形成された泥炭には、植物が産生したり、微生物による酵素分解と重合・縮合などの化学反応により動植物の遺骸から生成された高分子有機物のフルボ酸が含まれています。
植物が自ら合成 天然有機酸は、植物がミネラルを吸収するためのイオン化に必要なものです。また、植物の光合成により生産され、根から分泌するとも言われています。
天然有機酸の分子構造は官能基であるカルボキシル基−COOHの集合体であり、分子量はおよそ200〜2000です。このカルボキシル基により、様々な作用を生んでいると推測されます。
自浄作用の集積体 泥炭には、有機酸、イオン化したミネラル、微生物が分泌した酵素類、ビタミン類など「天然ミネラル酵素」が含まれています。
地中で形成された物質には、土壌の環境を維持したり、修復する作用が自然に備わっています。生物の棲みかでもある土壌は、その自然の環境を維持するための自浄能力を持ち、自浄作用を行うための様々な物質の集積体と言えます。それが自然の力です。